「出張古本買取ならだるまとみき堂」バナナ箱最強説。 | 名古屋の古書・古本出張買取なら【だるまとみき堂】

名古屋・愛知・岐阜・三重の古本買取「だまとみき堂」

[古本買取のご依頼・ご相談はこちらから]

0120-66-1039

受付時間:9:00〜21:00【年中無休】

受付:9:00〜21:00【年中無休】

だるまとみき堂ブログ

出張古本買取のことならお任せください

  1. だるまとみき堂ブログ
  2. 「出張古本買取ならだるまとみき堂」バナナ箱最強説。
2017.03.01

「出張古本買取ならだるまとみき堂」バナナ箱最強説。

本の運び出し、バナナ箱最強説。

「出張古本買取ならだるまとみき堂」バナナ箱最強説。「出張古本買取ならだるまとみき堂」バナナ箱最強説。
私、だるまとみき堂が出張古本買取で毎日使っているバナナ箱。
何年か前にはバナナ箱を作らなくなるって噂もありましたが、最近はそんな噂も聞かなくなりました。
強度が高く湿気にも強いことから、運送や収納に使われる事が多いようですね。
あるサイトでは、中古で一個40円、新品は130円で売っていました。

本を運ぶ時は何を使いますか?

本を運ぶ時にパッと思い浮かぶのは紙袋やダンボールではないでしょうか。
20冊や30冊くらいの本を運ぶなら、紙袋、ミカン箱、リンゴ箱がおすすめです。
ただ毎日ように何百冊という大量の本を運んだり仕分けしている我々古本屋は、いちいちダンボールを組み立てる、本を入れる、箱を開けて中身を確認する、そんな効率の悪い事はやってられません。

そこで私が使っているのはバナナ箱です。
バナナは一年中スーパーで売られていて、空き箱は必ずあります。
「ご自由にお使い下さい。」の空き箱コーナーになくても、店員さんに声をかけるとバックヤードから貰えることだってあります。

大きさが統一されていて使いやすい。

たまに大きかったり小さかったりする物もありますが、ほとんどが同じ形で統一されています。
箱のサイズがバラバラだと、何十箱と荷台に載せる時にテトリスのように頭を使いますからね、大変です。

コンパクトにまとまり、強度も強い。

バナナ箱は上下を組み合わせて使いますが、本を運ぶ時は蓋も入れ物として使います。
「出張古本買取ならだるまとみき堂」バナナ箱最強説。「出張古本買取ならだるまとみき堂」バナナ箱最強説。
使い終わったらこうやって組み合わせると6箱がコンパクトにまとまります。
「出張古本買取ならだるまとみき堂」バナナ箱最強説。「出張古本買取ならだるまとみき堂」バナナ箱最強説。「出張古本買取ならだるまとみき堂」バナナ箱最強説。
体重70kg近い私が乗っても平気です。
「出張古本買取ならだるまとみき堂」バナナ箱最強説。
5段6段と積み上げても全く問題ありません。

本のサイズが色々あっても入れやすい。

一般的な単行本から箱入りの専門書サイズで4面。
ムック本や雑誌サイズだと2面。
大型本は1面。
文庫本や新書本サイズだと9面も入ります。

バナナ箱は蓋がありません。

いや、正確には蓋はあるんですけど、普通のダンボール箱の上にあるパカッと開く部分がありません。
上から全体をかぶせるような蓋がありますが、蓋として利用せず箱として使いますので一個が二箱になるんです。
本の表紙が見えるので、どこに何が入っているのかも一目瞭然です。
お客様から買い取った本をバナナ箱に入れますが、入れた本人は何処に何を入れたのかだいたい覚えているもんです。
持ち帰ったあとの仕分け作業もやりやすいのです。

ハイエースには80箱載ります。

「出張古本買取ならだるまとみき堂」バナナ箱最強説。「出張古本買取ならだるまとみき堂」バナナ箱最強説。「出張古本買取ならだるまとみき堂」バナナ箱最強説。
当店の愛車ハイエースには80箱載せることができます。
平均的な単行本ならバナナ箱には50冊入りますので、80×50=4000冊を一度で運ぶ事ができます。
家にある本棚が幅120cm高さ210cmだとしましょう。
仮に棚一段に70冊の単行本が入っているとして、それが8段あると本棚には560冊入っている事になります。
ハイエース一台で4000冊を運ぶ事ができますので、本棚7台分の本を運ぶ事ができます。
これは平均的な仮の話ですので、本の厚さや大きさ、本棚の大きさや使い方によって冊数は大きく変わります。

プラスチック製の折りたたみコンテナ。

古本屋でも使っている人は多いです。
かなり頑丈でほとんど壊れる事がないので、本を傷める事なく運べます。
特に割れ物、CDやDVDを運ぶ時には便利かもしれませんね。
折りたたむ事でコンパクトになりますが、たくさんあれば結構なボリュームになり、買うとなると安くても一つ500円以上はしますので、たくさん準備しておくにはコストが掛かります。
頑丈な作りなので、なかなか重いです。

やっぱりバナナ箱。

ダンボール箱や折りたたみコンテナと比べ、たたむ事ができないので少し場所を取り一般的には使いにくいかもしれませんが、私は開業以来ずっと使ってきました。
私の仕事にはなくてはならない相棒の一つです。
ほら、なんだか顔に見えてきませんか?
「出張古本買取ならだるまとみき堂」バナナ箱最強説。
たまに底の接着が甘く、ズボッと抜けて本が床に散らばる事もありますが、軽くて丈夫で簡単に捨てられるバナナ箱が今のところ最強です。

片付け不要の出張古本買取

出張古本買取のご依頼・ご相談は
お気軽にどうぞ!

0120-66-1039

受付時間:9:00〜21:00【年中無休】

メールでお問い合わせ

24時間いつでもご相談ください!