仲間+ライバル=同業者 | 名古屋の古書・古本出張買取なら【だるまとみき堂】

名古屋・愛知・岐阜・三重の古本買取「だまとみき堂」

[古本買取のご依頼・ご相談はこちらから]

0120-66-1039

受付時間:9:00〜21:00【年中無休】

受付:9:00〜21:00【年中無休】

だるまとみき堂ブログ

出張古本買取のことならお任せください

  1. ホーム
  2. 日記
  3. 仲間+ライバル=同業者
2013.02.05

仲間+ライバル=同業者

昨日の古書会館。
同業の太閤堂さんと事務所で3時間おしゃべり。

今まで幾度となく顔を合わせていた二人だったが、じっくり話す機会がなく14年が過ぎていた。

太閤堂さんは私の一つ年上。
古本屋の父を持ち、現在は互いに独り立ちして出張買取に走り回る毎日を送っている。

特別に避けていた訳ではない、ただただ本当に話す機会が無かっただけである。
お互いの境遇が似ていたのもわかっていたし、なにしろあの頃はまだ若かった。

自分たちより年下の組合員がいなかったせいか、
仲良く話しかけるのが照れくさかったのだろうか?
いや、多分ライバルとして見る気持ちが強かったんだと今となってはそう思う。

あれから14年。

太閤堂さんは親父さんの意志を継ぎ、「太閤堂」としてがんばっている。
私は父の元から離れ、独立して「だるまとみき堂」として日々奮闘中だ。

その存在、そしてここ数年で古本の出張買取に参戦した猛者達のおかげで自分も成長していると感じている。
だから今、この機会に話がしたかったのかもしれない。

事務所で話した3時間は、14年分の「古本出張買取あるある」のオンパレード。
他では言えないあるある話が出るわ出るわで3時間。
非常に楽しい時間を過ごしました。

しかし、私も太閤堂さんもお互いにわかっている。
まだまだ特別な話は山ほどあって、商売に関する本当に本当に特別な事はこれからもずっと黙っている事は。

やはりそれが仲間で同じ道を行くライバルそして同業者なのである。

そんな事はほっといて、ただただ話が楽しかったのは事実で、あるある話しをつまみに飲みに行ける日を楽しみにして古書会館を後にしたのでした。

片付け不要の出張古本買取

出張古本買取のご依頼・ご相談は
お気軽にどうぞ!

0120-66-1039

受付時間:9:00〜21:00【年中無休】

メールでお問い合わせ

24時間いつでもご相談ください!