半田市の買取実績|古書・古本買取実績ならだるまとみき堂

名古屋・愛知・岐阜・三重の古本買取「だまとみき堂」

[古本買取のご依頼・ご相談はこちらから]

0120-66-1039

受付時間:9:00〜21:00【年中無休】

受付:9:00〜21:00【年中無休】

半田市

半田市の出張古本買取のことならお任せください

イラストイメージ
秋のご予約受付中
  1. ホーム
  2. 買取実績
  3. エリア
  4. 愛知県
  5. 半田市の買取実績

初めての方はこちら

エリア
AREA
新着記事一覧
NEW ARTICLE

半田市

半田市は名古屋市の南に位置し、中部国際空港からも車で20分程度の位置にある知多半島の主要都市です。
古くから海運業、醸造業で栄えており、今もそれを受け継ぐ醸造業などが発展しています。

そうした醸造業のシンボルとなるのが、株式会社ミツカンです。
全国的にも有名な企業で、半田市の中村町に本社を構え、2015年には本社の隣にMIZKAN MUSEUM(ミツカンミュージアム)をオープンさせました。
ミツカンの本社近辺は、海運業の中心となった半田運河があり、現在でも古い蔵が多く残る「蔵の街」として、歴史を感じる観光スポットとなっています。

その他の観光スポットとしては、半田赤レンガ建物が近年話題です。
半田赤レンガ建物は、1898年にカブトビールの製造工場として建設されました。

当時のレンガ作りで建てられた建造物としては日本でも有数の規模として、国の登録有形文化財や経済産業省の近代化産業遺産に認定されています。
2015年にリニューアルされ、レストランや資料館を含む新たな半田市の観光スポットとして現在も賑わっています。

文化面では童話「ごんぎつね」の作者・新美南吉の生まれ育った地として有名です。
北部の岩滑西町に、新美南吉の生涯や資料を紹介した新美南吉記念館があります。

毎年秋の始まりには、その新美南吉記念館のすぐ近くにある矢勝川の堤防沿いに、無数の彼岸花が咲き誇ります。
300万本以上の彼岸花が川を挟んで咲く姿は、圧巻の一言。
半田市の郊外の風景とも合わさり、とても情緒ある景色が見られるとあって、彼岸の時期には毎年多くの人が訪れます。

半田市のTOPへ戻る

ジャンル
GENRE
シーン
SCENE
エリア
AREA
新着記事一覧
NEW ARTICLE

出張買取の流れ

「お問い合わせ」から「訪問・運び出し」まで最短即日対応!!
  • ご予約

    出張買取できるか確認の
    お電話を下さい。

  • 訪問

    処分される本のある場所
    までご案内下さい。

  • 査定

    誠実に査定し、買取
    させて頂きます。

  • お支払い

    査定金額に納得頂けましたら
    お支払いとなります。

  • 運び出し

    買取したものを車に
    積み込み買取終了です。

買取の流れへ

片付け不要の出張古本買取

出張古本買取のご依頼・ご相談は
お気軽にどうぞ!

0120-66-1039

受付時間:9:00〜21:00【年中無休】

メールでお問い合わせ

24時間いつでもご相談ください!