哲学本の買取実績|古書・古本買取実績なら【だるまとみき堂】

名古屋・愛知・岐阜・三重の古本買取「だまとみき堂」

[古本買取のご依頼・ご相談はこちらから]

0120-66-1039

受付時間:9:00〜21:00【年中無休】

受付:9:00〜21:00【年中無休】

買取実績

出張古本買取のことならお任せください

イラストイメージ
春の予約受付中
  1. ホーム
  2. 買取実績
  3. ジャンル
  4. 哲学本の買取実績

初めての方はこちら

哲学本

「哲学書とは?」
哲学とは物事の本質を考察する学術のことを言います。
哲学のテーマとなる物事の本質とは、「人間ってなんだろう?」、「幸せってなんだろう?」、「本当の愛ってなんだろう?」といった素朴でありながら普遍的な疑問が定番です。
哲学の概念は2,500年くらい前に古代ギリシャですでに存在していたと言われています。

哲学書ってどんな内容?
では、哲学書とはどんな内容なのでしょうか?
「哲学書の定義とは?」といった問いに一言で答えるならば、「哲学者が書いた本」となります。
哲学とは人の本質を考察する学術ですが、そのアプローチ方法も書いた人物によってさまざまなため、哲学書の内容も多種多様です。

例えば哲学者が小説を書いたとすると、それはおそらく哲学の要素を過分に含んだ内容となるため、小説でありながら哲学書としても読める内容になるでしょう。
しかし一般的に哲学書とは、哲学者が物事の本質を考察(いわゆる哲学)するための自分流の方法論を書いた本、と定義されるのではないでしょうか。

以上のことから、もし哲学書を手に取ろうとするならば、著名な哲学者を調べるところから始めるのがおすすめです。

「だるまとみき堂」は哲学書の高価買取を実施しています。
だるまとみき堂ではこれまで、古今東西の著名な哲学書、古代、中世、近代など多様な哲学者の著作本など、さまざまな哲学書を買取してきました。

買取対象の哲学者の一例を出すとアリストテレス、プラトン、アイザックニュートンといった西洋の人物、日本人ですと村上陽一郎や小林道夫といった人物です。

哲学書は多様な種類が存在し、どれが買取対象になるかはなかなか判断がつかないかもしれません。
もし自宅に哲学書があれば、思わぬ高値になる可能性もあるので、一度ご相談をいただければ幸いです。

買取実績のTOPへ戻る

ジャンル
GENRE
シーン
SCENE
エリア
AREA
新着記事一覧
NEW ARTICLE

出張買取の流れ

「お問い合わせ」から「訪問・運び出し」まで最短即日対応!!
  • ご予約

    出張買取できるか確認の
    お電話を下さい。

  • 訪問

    処分される本のある場所
    までご案内下さい。

  • 査定

    誠実に査定し、買取
    させて頂きます。

  • お支払い

    査定金額に納得頂けましたら
    お支払いとなります。

  • 運び出し

    買取したものを車に
    積み込み買取終了です。

買取の流れへ

片付け不要の出張古本買取

出張古本買取のご依頼・ご相談は
お気軽にどうぞ!

0120-66-1039

受付時間:9:00〜21:00【年中無休】

メールでお問い合わせ

24時間いつでもご相談ください!